遺跡荒らしエレアの足跡14

 


チェーロ「螺旋の王がこんなに集まって出てくるなんて、初めて見たわ」
プチリン「…? …!? …?? …!??」
蓮之介「プチリンが発狂して、こねられているパン生地のようにうねっている…」
エーリス「フハハハハーン! プチリンおもしろーい♪」


チェーロ「これは粗野な剣… ≪クレイモア≫じゃない! って、蓮之介!撮影の邪魔なんだけど」
蓮之介「撮っている場合じゃないでしょう!!」
ジューア剣闘士「ウオオオオオオオオオッ!!」


チェーロ「蓮之介~ あんたって刀好きよね。すごいものが手に入ったから、使ったらどうかしら?」
蓮之介「神器の刀ですか… うーん? 3つのステータス維持、そこそこのスキルUP。速度13に異物への侵入を防ぐで、まあまあな刀だと思いますが…… えっ?全てを終結させる!?」
チェーロ「すごいでしょ♪」
蓮之介「そんな危険な刀、使わないですっ!!」
チェーロ「えー」


蓮之介「私の刀はこれで充分です」
チェーロ「首狩りエンチャ付きって、何気にエグいわね」
蓮之介「楽しいですよ」

 

 


チェーロ「老後を遊んで暮らせるだけの報酬!? やるわ!」
蓮之介「即決ですね」
チェーロ「当たり前じゃない!良い仕事は他の冒険者に仕事に奪られる前にやっておく、冒険者として当然な決断よ」
蓮之介「美味すぎる話には裏があるといいますが…」
チェーロ「そこら辺は大丈夫だと思うわよ。情報屋から、このロイターという人物はどういう履歴を持っているかを聞いているから。信用はできる男だと思うわよ」
蓮之介「そうですか。チェーロがそう言うなら、行きましょうか」


チェーロ「イス系だらけね… けど、この前潜ったネフィアと比べれば大したことないわね」
エーリス「プチリン、また面白いことにならないかなー」
プチリン「?」(発狂している間のことは覚えてないようだ)
蓮之介「ザナン国はこれを軍事利用しようとしているようですが、人に扱えるものじゃないと思いますね」
チェーロ「モンスターを軍事利用とか… 古代の技術を発掘して、機械文明が発達しているイェルスの方がずっと上ね」
蓮之介「チェーロは昔、イェルス国に住んでいたんでしたっけ」
チェーロ「いい国だったわよ。便利な物が多いし、エレアへの偏見もあまり無いし。ただ、エウダーナ国のちょっかいがうざかったけど」
蓮之介「それなのに、なぜ他国へ旅立ったのですか?」
チェーロ「飽きた」
蓮之介「へ?」
チェーロ「良いところでも、何十年も住んでいると飽きが来るのよ。ま、いつかイェルス国に帰るかもね」

 

 

 

チェーロ「さぁーて♪ 一生遊んで暮らせるほどの報酬♪報酬♪」

チェーロ「んん?桁がおかしくない?」
蓮之介「…これで合っているようですよ」
チェーロ「10万で老後も遊んで暮らせる金…? アハハハッ、エーリス。花火でも見ようっか」
エーリス「フハハハハーン!花火ー!」
蓮之介「…はぁ」


ロイター「ねこ?」


チェーロ「たまや~」
エーリス「フハハハハーン! たまやー!」
蓮之介「私たちも丈夫になりましたね…」(核爆弾に耐えた)
プチリン「!」(プチは耐えたことに誇らしげな顔をしている)


チェーロ「77%もHPが残っているなんて、さすがザナンの英雄ね」
ロイター「貴様ら… どういうつもりだ!」(殺意を込めた目であなたを睨み、ロイターは抜刀した)
チェーロ「アハハッ こういう反応。この前の死んだ目の男より、ずっと楽しいわね~」


チェーロ「まあ、ミンチにしちゃうけど」
プチリン「♪♪♪」(嬉しそうにロイターの死体の上で跳ねている)


虚空さん「…」
チェーロ「事前に吊るしていたおかげで、虚空さんは無事のようね」
蓮之介「なぜ、彼を吊るしているのですか…?」
チェーロ「虚空さんってミンチになったら、3日経っても生き返らないのよ。なんかもったないじゃない」
蓮之介「チェーロの思考はよくわからないです」
チェーロ「女心って複雑なのよ」
蓮之介「ははっ… 貴方のことは女性と思えないです」
チェーロ「アハハッ、弾丸食らいたいの?」

 

 


今回のでプチリンが核爆弾に耐えるステータスまで成長していると知ったので、試しにゼームに挑んだところ… ダメだった。混沌耐性が整えば、勝てると思うんだけどね。良い装備がなかなか来ない。