クレイモア吸血鬼の旅行記27

 


アネモネ「幸運の日なのである。前回では掘れなかった宝を探しに… ぬ?唐突だが、宝がどこにあるのかハッキリわかる、わかるのである!」
エリザ「ほんとに唐突ですわね」

 


MMAhでは称号トレジャーハンターの効果として、宝の場所がわかるようになっています。ワールドマップを睨めっこする時間がなくなって、すごく掘りやすくなった。
ちなみにトレジャーハンターの称号を得る条件が採掘・鍵開け・探知・罠解体・自然鑑定スキルの合計が200に到達。アネモネの場合、ほぼ採掘LVで条件で満たしたな。


アネモネ「うむ、うむうむ… 宝はあるのはそこである!」
エリザ「お店の近くじゃないですのー! でも、すごいですわ」


アネモネ「これは塔が描かれた宝の地図!宝箱がいっぱいあるらしいが、強力なモンスターにぞろぞろいるらしいな」
ドラクル「場所は… 南アセリア大陸のようでございますね」
アネモネ「…ふむ、今度にするのである!この宝の地図をしまいに自宅に戻るぞ」

 

塔が描かれた地図(AAから取り込み)は地図が示す場所で読む[r]と埋もれた遺跡に転送されます。
・埋もれた遺跡の石室に生成される宝箱は1/10の確率で追加の高ランクエンチャントが付加された可能性のある神器品質の装備になる。
・追加のエンチャントにより通常のアーティファクトは2つ、エターナルフォースは3つの高ランク(発動など)エンチャントを持つ可能性がある。
と、強い装備が手に入るらしいです。その分、強いモンスターが配置されているようだが… いつか行ってみるかな。

 


アネモネ「おお、あれが噂に聞くトレジャーハンターか。ふふっ、良い装備をしているな」
ドラクル「お嬢様が望むなら、すぐに眠ってもらいましょうね」
ジル「マスターの邪魔にするなんて、許さないですです! …焦げカスにしてやるですです」
エリザ「どちらが悪なのかしら…」

 

トレジャーハンターは名前によって、生成LVが異なっており、
・トレジャーハンターの生成レベル下限をPCの現在レベルの90%~110%
・一流トレジャーハンターの生成レベル下限をPCの現在レベルの108%~132%
・伝説のトレジャーハンターの生成レベル下限をPCの現在レベルの149%~182%
・ゴッドハンドの生成レベル下限をPCの現在レベルの180%~220%
になるみたいです。宝掘るより、トレジャーハンターを狩った方が良いものが手に入りそうだ。


アネモネ「よしよし。良い物を持っているではないか。すべて、我が有効活用してやる。喜べ」

 


アネモネ「おお… おおお…! 見える、見えるぞ!ここら辺にも宝が3つ埋まっているのである」
ジル「わぁ♪マスターすごいですです!」
エリザ「ほんとにすごいですわね」

 

ワールドマップを*で見渡すでも、場所を示すマークが出るみたいだ。あちこち歩き回る手間もなくなって、ほんとすごく便利だな。

 


アネモネ「荷物を整頓していたら、知者の加護がエンチャントされた首当てが見つかったのである!ジル、食べるとよいぞ」
ジル「あ~ん♪ですです」
アネモネ「あ、あ~ん?」
ジル「僕も食べさせてほしいですです。ダメぇですか…?」
アネモネ「落ち込むな。ジルなら望むなら、いくらでもしてよいぞ」
ジル「わぁ~い♪嬉しいですです。あ~ん♪ですです♪」
アネモネ(…お願いされるとなんか恥ずかしいであるな。この行為)


ジル「えへへっ♪これでますますマスターのお役に立てるのですです♪」
アネモネ「張り切っているな。頼りにしておるぞ」
ジル「ふひっ、ひひひひひひっ。マスターの邪魔する塵共ぜんぶ消し去ってやるのですです」


ライトニング以外の攻撃魔法を使わせたいと思っているが、現在のPT全体の属性パネルでは轟音や混沌の渦を覚えさせるは事故るし。アイスボルトはアイテム破壊があるので…
ギルドランク1位で任意の魔法を覚えさせることができるみたいだけど、達成まで遠いなぁ。