クレイモア吸血鬼の旅行記15

 


アネモネ「ここが灼熱の塔… 熱いである。火耐性がないと焦げ焦げになりそうである」


道中は壁掘りながら、殲滅しているだけなのでカット…


アネモネ「2層へ降りた先がファイアバウンド部屋とは… うん?あれは…!?」
ドラクル「クミロミの秘密の経験でございますね」
アネモネ「燃やされる前に早く回収するのであーる!」

 

予想してないものが落ちていて驚いたよ。後は本当に見どころがないカットです。

 


アネモネ「はぁ… 熱いのである。灰になりそうである」
エリザ「火が弱点であるアンデッド:吸血鬼なら、既に灰になっているじゃなくて?」
アネモネ「わ、我は超絶美形なバンパイア・ロードである!この程度の炎など平気なのである!」
エリザ「ふーん… なら、火耐性装備を外してごらんになって」
アネモネ「いや、それは我燃え… いや、なんでもない!それより、ボス部屋に着いたのである!雑魚共を散らすぞ!」

 


アネモネ「火蟹・火炎ムカデはタダの雑魚であるが、炎の信仰者は炎系モンスター召喚によって乱戦化。あるいは元素の傷跡(火炎・冷気・電撃の耐性低下)によって、アイスボルトを使うクルイツゥアに対して不利になるのである。ところで灼熱の塔のボスなのに、なぜアイスボルトを使うのである…?」
ドラクル「きっと熱いのございましょう」

 


アネモネ「周りのやつらは殲滅したか。さて、ボス共は… む、あの竜は」
ドラクル「クルイツゥアの”夫”鋼鉄竜『コルゴン』でございますね」
アネモネ「頑強な鱗に覆われ、大地を轟かせる巨体… たしかに惚れるといえば惚れるが。なかなかに特殊な趣味であるな」
エリザ「人と竜が惹かれ合う… ロマンティックですわ」
アネモネ「ん?」
エリザ「な、なんでもないですわ!」


アネモネ「嫁が来る前に、こちらに引き寄せて… ボコ殴りである!ボコ殴りであーる!」
エリザ「卑怯ですわ…」
アネモネ「賢い我の作戦というやつである!せこい、というやつではない!」
エリザ「ふーん…」
アネモネ「可愛いのに可愛くない娘である…」

 


アネモネ「ふはははははっ!頑丈だけが取り柄の竜である!なんなく撃破したのである!」
エリザ「ひきょー…」
アネモネ「つ、次はクルイツゥアであるな。大剣を暗黒耐性・盲目無効付きに変えるのである」



クルイツゥア「あ・な・た♥お夕飯ができたわよ♥(コルゴンの死体が落ちている)あ、あなたーーーーーっ!?」
アネモネ「おおーっ!裸エプロン赤フレーム眼鏡とは、なかなか良い趣味で… 眼福である♪感謝するぞ、今は亡きコルゴンよ」
クルイツゥア「殺す」(暗黒の光線を唱えた!)
アネモネ「いったっ!? おお、ちょうど装備を変えて良かったであるな。さぁ、妻もミンチもするぞ!」
ドラクル「はい。お嬢様」
エリザ「ここに悪人がいますわ…」


クルイツゥア「よくもおおおおおおおぉぉぉっ!!」(一心不乱に包丁を振り回す)
アネモネ「ぬわっ!?切り傷が… 下手に近づくと、じわじわとHPが削られてしまうな。なるべく離れて攻撃するか」


エリザ「きゃ」
アネモネ「大丈夫であるかっ!?そういえば、エリザの装備は冷気耐性がなかったな」
エリザ「別に… 見てとおり生きていますわ。あなたこそ、装備を変えて冷気耐性が無い状態ですの。私の心配より、自分の身を考えたらどうですの」
アネモネ「…そうであったーーーっ!?」
エリザ「気付いてなかったのですのっ!?」


アネモネ「ぐわーーーっ!?タイミング良く、いや悪く我にアイスボルトがーーー!って、ギリギリ生きているのである。危なかったである…」
エリザ「もう…!仕方ないですわね!」


エリザは赤き義眼の『クルイツゥア』を射撃し 破壊した。
エリザ「ふん。たまたま弓矢がよく当たっただけですわ。ピンチだったから、頑張ったわけじゃないですの。勘違いしないで」
アネモネ「ほーう? ほうほう♪」
エリザ「なにニヤニヤしてますのー!」


アネモネ「ふはははははははっ!今日から灼熱の塔のものは我らのものである!どんどん持っていくので… ぬわっ!?重すぎるのであるっ!! 圧死しそうである…」
エリザ「やっぱりバカですわ」
ドラクル「ふふっ。お嬢様、他のものはまた今度にしましょうか」

 


戦利品を確認したら、こんな防具があった。切り傷ダメージを受けた原因で。そして、耐性ないのにアイスボルトくらっても生きていたのは詠唱の技能を下げる〔*****〕(-1052)のエンチャントが付いていたおかげだったようだ。うん… 勝てばいいのだ!

 


おまけ。ボス部屋だけなので、イークの洞窟より短い。しかし、動画で見返すとポップアップがかなり騒がしいな。とても楽しい(MMAhだとセリフ以外に道具とスキル、擬音などを表示できるので。すべて表示するように設定しています)