クレイモア吸血鬼の旅行記10

 


アネモネ「イークの洞窟を攻略した我らを止められるものはないのである!ふははははは!祝いにグウェンちゃんもぐああああああああああああああっ!?


この装備で終末が起こったようだ。さっきのは無かったことにしました(現状、片づけるのは無理なので)

MMAは防具にも武器と同じエンチャントが付く仕様があります。
このマントの場合。攻撃回避時に終末が発動します。

・ざっくりメモ
盾、鎧系=攻撃を受けた時
マント系=回避時
籠手系=格闘スキルで攻撃時、武器と同様の効果を発揮。格闘スキル以外の発動確率が近接だと1/2、遠隔は1/4
靴系=装備者の一定ターン経過ごと・格闘による近接攻撃時
指輪、首輪系=矢系魔法・マジックミサイルも含む
矢弾=射撃時

 


アネモネ「なにやら、とても恐ろしい光景を見た気がするが… 今日も元気にパルミアで依頼を… ん?」
エイリアンの子供が現れた!
アネモネ「子供だと…!?既に侵略されているとは。とにかくエイリアンの子供をミンチするぞ!ドラクル!」
ドラクル「かしこまりました。お嬢様」


アネモネ「早めに気付けて幸いか… まったく厄いであるな」
ドラクル「ここら辺にいる者に毒薬を飲ませてきました。お嬢様」
アネモネ「よくやった。ドラクル。毒や酸で処理できるうちにやっておかぬと、街がエイリアンだらけになってしまうからな…」
ドラクル「お疲れの様子でございますね。気晴らしに遠出しませんか」
アネモネ「ふむ… そうするか」

 


アネモネ「ノイエルに到着であーる!相変わらず、混沌した祭りをしているようだな」
ドラクル「とても賑やかでございますね。長々と歩きましたし、屋台でラムネでも買いましょうか?」
アネモネ「そうだな。我は…」

???「そこのお嬢さん!お嬢さん!」


アネモネ「改宗するのである」


アネモネ「ああ~ジュア様はふかふかするのである~」
ドラクル「お嬢様、良かったですね」
着ぐるみのバイト(あれ…?いつのまにか周りが赤い…?)

 


アネモネ「さて、聖夜祭と言ったらこれであるな!」
ドラクル「ますます美しい赤に彩られますね。お嬢様」
アネモネ「ふははははははっ!もっと!もっと!赤に染まるのである!ふはははははははははははははっ!!」
*わぁー*きゃー*ぼぉんぼぉん* *ゴッ*
アネモネ「うん?炎ブレスと人々の悲鳴が聞こえなくなったのである」


アネモネ「なんとエボンがミンチされているのである。そこの冒険者がやったのか?」
ドラクル「どうでしょう?もしかしたら、市民かもしれません。最近、訓練場に向かいますと町の住民を見かけます」
アネモネ「可能性を秘めた人間。面白い面白いであるな… ふふっ。全滅するところを見たかったが、まあよい。自宅に帰るぞ」

 


アネモネ「落ちていた剥製とカードを並べたが… この親子、噂で聞いたことがあるな。エーテル抗体を飲み続けたが、異形の姿になった母。それによって、死を願い。冒険者に殺された。あるいは見世物にされた。それとも… まあ、いずれどこかで会える気がするである。その時に知れればよいか」