踊り子エレアの公演59

 


シャムロック「あれは… 願うことで見れるという@殿じゃないですか。すくつに出てくるのでありますね」
アネモネ「Qy@と奇妙な言葉を叫んでいるが、なんである?」
シャムロック「ある世界で使われる詰んだ時の自殺コマンドらしいですね」
ヴェント「頑丈なロープを使わずに、Qy@と言うだけで死ぬなんて。恐ろしい世界だな~」
シャムロック「この世界はアイアンメイデン、ギロチンなど、うっかり盗もうとするとミンチになる道具が溢れていますけどね」
ヴェント「シャム… やっぱりわかってて。監獄で盗むように勧めたよな」
シャムロック「天罰ですよ」


@を食べるなんて…
ヴェント「…!? @は猫だった…?」
シャムロック「違うと思いますよ」


カエデ「もう1人の僕!」
マッドサイエンティスト「もう1人のワシ!」
ヴェント「マッドサイエンティストがもう1人!?」
ダリア「デュエルスタンバイ!」


カエデ「それなりに良いもの持っているじゃないか僕。あ、僕の死体はステーキにしないでくれたまえ。色々と調べたい」
シャムロック「マッドでありますね…」


ヴェント「記念すべき、100階ボスは… 迷子の子猫か」
迷子の子猫「おうちかえう」「おうちかえう!」「おうちしってう?」「ママどっち?おうちどっち?」うるさい!*ゴッ*(迷子の子猫はミンチになった!)
ヴェント「『』付きのユニークNPCだけだと思っていたが、通常のモンスターも出てくるんだなー」
シャムロック「迷子の子猫殿はどこにでも出てくるのでありますね」
ヴェント「おうちって、どこにあるんだろうなー」


とりあいず100階まではサクサク行けたな。次は200階まで行けるかなー

 

 

以下。そういえば、貼ろうとして忘れていた入手した武器。

アネモネ「おお、我に相応しい素晴らしい武器ではないか。首狩り[++**]付きの赤く染まった大剣!よく入手したな、我が下僕よ!」
ヴェント「実はな。この武器を入手したのは俺じゃなくて、混沌なる紅蓮って異名を持つ女でな。だから」


ヴェント「俺が拾ったこれで」
アネモネ「嫌であーる! 先に見てしまった方がカッコいい!強いである!! 我は《最後に月光》を振るいたい!! そうだ、ヴェント。その冒険者をミンチにして奪ってくれ」
ヴェント「そんなことをしたら、彼女のプチにミンチにされるから無理だな~」
アネモネ「はぁ… 我の月光剣…」