遺跡荒らしエレアの足跡8

 


エーリス「お姉ちゃん!ネコさんが付いている棒が転がっているよー」
チェーロ「これは… 願いの杖じゃない! わぁーお。ラッキー♪」
エーリス「やったね!お姉ちゃん」
チェーロ「嬉しいけど。こういう貴重品って使うのがもったいなくて、倉庫に溜まっちゃうのよね~」
蓮之介「…風の噂で聞いたのですが、前にチェーロが言っていた弟子(?)の人。ペットにした男性を女体化させるのに願いの杖を惜しみなく使っているようですね」
チェーロ「へー あいつ、そんな趣味を持っていたのね… 蓮之介、1度女になってみる?」
蓮之介「そんなことをしたら、実家(神界)に帰ります」
チェーロ「冗談よ~ まあ、ちょっと興味があるけど」
蓮之介「やっぱやる気じゃないですか。絶対に嫌ですからね!」

 

 


チェーロ「さぁーて。プチリンの再戦での装備はこんなものかしら。ワンナンは地獄属性攻撃がエンチャントされた武器を持っているみたいだから、完璧じゃないけど少しはダメージを防げるでしょ」
プチリン「!」
チェーロ「あら。ワンナンより先にツェンに挑みたい? わかったわ。行きましょ」


チェーロ「ふふっ、死の宣告が発動する前にミンチにしちゃえば雑魚ね」
プチリン「♪」(プチは嬉しそうに転がっている)
チェーロ「鍛えた成果が出せて良かったわね。でも、次の相手は油断すると痛い目を見るから、気を付けなさいよ」
プチリン「!」


チェーロ「もう少しだったんだけどねー 時止めが出るとその間に殴られてミンチにされちゃうわね」
プチリン「… …!!」
チェーロ「時止めされる前にミンチにしてみせる? そう、まだまだ挑む気なのね。いいじゃない、その諦めない根性。さあ、行きなさい!!」
プチリン「!」(プチの決意は満ちた)


プチリン「!!!!」
チェーロ「おめでとうプチリン! 厄介な技を使うボスだったのに、倒せるなんて… このままノースティリスにいる強敵を全部ミンチにしてみたら、どうかしら?」
プチリン「…?」
チェーロ「弱いモンスターと言われるプチがすべてのボスもラスボスも裏ボスを倒すなんて面白いじゃない! ね、私を楽しませてよ」
(にやりと笑うチェーロにプチリンは水色の身体をわずかに赤く染めた)
プチリン「!」(プチはyes!と答えるように跳ねた)
チェーロ「うふふっ。がんばってねー」

 


ワンナン戦後のプチリンのステータス。このまま518年内には全ステが200超えそうだ。
そういえば、ツェン戦後に祝福の肉体&精神ポーションを飲ませて腐って手で下がったステを回復させておけば、もう少しワンナン戦が楽だったかもね。