遺跡荒らしエレアの足跡21

 


チェーロ「この私の料理の腕をやっと認めたようね」
エーリス「フハハーン!おめでとー♪ お姉ちゃんが作るごはんだーいすきだよ」
プチリン「♪」
チェーロ「うふふふっ ありがとー。あ、ところで地獄のネフィアに行かない?」
蓮之介「ドラゴン&巨人ステーキで儲ける気がバレバレですよ」

 

 


チェーロ「特製肉まんじゅうがそれなりに集まってきたわね。信仰スキルLVも豊穣祭できるようになったし…」


チェーロ「ルルウィ様ありがとうございます~」
蓮之介「そして、クミロミ様信仰に戻るのですね…」
チェーロ「信仰が変わっても、恩恵への感謝はしているわよ」
蓮之介「まあ、信心深いチェーロなんて気味が悪いので。チェーロらしく自由にやればいいじゃないですか」
チェーロ「あんたって、ほんとイラっとする一言が多いわ」


チェーロ「1度の豊穣祭で速度102→119ね。ヘルメスの血より、ずっと早く伸びるし。このまま、どんどんルルウィ様に祝福された肉まんじゅうを食べなさい。プチリン!」
プチリン「!」

 


チェーロ「全部、食べさせた結果。速度が250になったわね。300まで上げようかと思っていたけど。これでもウティマを倒せるかもしれないわね」
プチリン「!!」(プチは前より早いテンポで元気に跳ねている)
チェーロ「その前にハーブを収穫したから、それを食べてから行きましょうか。畑を2つ増設したから、収穫量が増えた分重いのよ」
プチリン「♪」(プチは張り切って、大量のハーブを食べ始めた)


プチリンの速度が上がったことによって、ハーブが減る速度もUPしてきたので。畑を増やしました。もうちょっと増やしたい感もあるけど、次はどこに設置しようかな…(ヨウィン村の下の赤い神殿のような建物はヴェントと同様ルルウィ像置き場になっています)

 


チェーロ「見た目がかっこよくて、ネフィアボスとして強化されていたけど… 弱かったわね」
エーリス「お姉ちゃん! 焼き鳥でたべたーい」
チェーロ「はいはい。ちょっと待ってね~」


蓮之介「……これは」
チェーロ「あら、飛竜刀じゃないの。弱いユニークモンスターだったけど、良い物を持っていたようね」
蓮之介「チェーロ。飛竜刀を私にくださいませんか?」
チェーロ「あんたがおねだりするなんて、珍しいわね。別にいいわよ」
蓮之介「ありがとうございます」


蓮之介「♪」(自室の壁に赤い装飾の刀を飾り、満足気な顔をしている)
チェーロ「どうするのかと思ったら、部屋に飾ったのね」
蓮之介「この飛竜刀の性能も良いと思うのですが… この首狩りエンチャが付いた『金獅子のタワー』が、今の愛刀ですので」
チェーロ「首狩りエンチャがホントお気に入りよねー いっそ、鎌を持ったら?」
蓮之介「刀が良いです」
チェーロ「こだわるわね~ まあ、スキルLV的にもったないし。その刀を使い続ければいいじゃないの」

 

蓮之介のキャラチップを見てとおり。当初は飛竜刀を持たせる予定でした。首狩りエンチャが付いた刀はカッコいいし。楽しいし。素晴らしい。