遺跡荒らしエレアの足跡11

 


エーリス「フハーン! プチだー♪」
チェーロ「それはユニークモンスターのプチボーグよ。ぎゅうううぅぅっとするには硬そうな見た目ね」
蓮之介「去った冒険者が残した記録によると… 昔は種族がスライムではなく、メタルだったみたいですよ。敵にすると恐ろしく強く、味方にすると最強のペットであったと」
チェーロ「へー どんな風だったか、見てみたかったかも」
プチリン「!」
チェーロ「なーに悲しそうな顔をしているの。私が興味を抱いたのはペットにしたいじゃなくて、戦ったらどう強いかって話よ」
プチリン「…!」
チェーロ「自分が勝つ? 随分と言うわね~ ま、どっちにしろ。過去のことだけどね」


エーリス「今度のウサギさんは優しくぎゅぎゅ♪ ウサギさんぎゅぎゅ♪ ぎゅうぅっ!ぎゅうぅっ!ぎゅぎゅっ!ぎゅうううううううぅぅぅっ!!」
いやしウサギはミンチになった
エーリス「あっれー?」
蓮之介「…エーリス。ちゃんと力加減の練習しました?」
エーリス「したよー プチリンでやったよ。ミンチにならなかったよ」
蓮之介「うーん? もしかしたら、エーリスの怪力で潰れないぐらいにプチリンが強靭になっているってことかもしれませんね」
エーリス「そうなの? じゃあ、プチリンをぎゅうううぅぅっとしても大丈夫なんだ♪」
プチリン「!?」(プチは怯えて転がるように逃げ出した)
蓮之介「肉体は耐えても、心は変わらずか…」

 


チェーロ「これでよし!」
蓮之介「あの… アクリ・テオラの機械類が消えているのですが…」
チェーロ「うん? マニ様の祭壇がある場所に置いているってことは、マニ様への捧げものなんでしょ」
蓮之介「ここの住民が生活用品に使っていたと思うのですが…」
チェーロ「ふふっ。崇める神様に喜ばれるなんて信者として本望でしょ。さぁーて、マニ様はご褒美に銃をくれるって話だけど、どんな性能かしらね~」(わくわく)
蓮之介「なんでしょう… このやり取りに既視感を感じる…」


チェーロ「…」

 


チェーロ「ゴミ掃除って、気持ちいいわね♪」
蓮之介「実家に帰っていいですか」

 

 

こんなことしているが…マニ様好きですよ