クレイモア吸血鬼の旅行記17

 


アネモネ「ふむ。古城の内装が整ったのである!次は最奥にいるワイナンとやらを片づけるとするか」
エリザ「内装を整えたではなく、整地したのではなくて?」

 


アネモネ「ぬわっ!?」


アネモネ「ぬわーーーーーーーっ!?」


冒険者「手伝いましょうか?」
アネモネ「余計なお世話である!帰れ!」

 


アネモネ「ふ、ふふふふ… はーはっはっはっ!!」
エリザ「負けすぎて、頭がおかしく… いえ、元からおかしかったですわね」
アネモネ「何を言っているのであるか。我に敗北などないぞ!勝つまで戦えば勝利なのである!ふーはははははははははっ!!」
エリザ「めちゃくちゃですわー!」
アネモネ「さあ、邪魔な駒共を片づけるぞ!」
ドラクル「はい。お嬢様!」


アネモネ「ふふふふっ。順調に粉々してやってるな。所詮、駒か。ふははははは!」
<クィーン>は地獄の吐息の魔法書を読み上げた。矢があなたに命中した。あなたは苦痛にもだえた。
アネモネ「い、生きてるのである。はぁはぁ… やはり我は最強無敵であーるっ!!」
ドラクル「流石でございます。お嬢様!」
エリザ「一発で重傷になっていますのに。えらい自信ですわ」

 


アネモネ「邪魔者は砕いてやった!さあ、正々堂々とやろうではないか!ワイナンよ!」
エリザ「3対1は正々堂々なのかしら…?」


アネモネ「ふはーはっははははっ!奴が持っている武器に近づかずに、射撃射撃!マジックミサイルである!時止めもできぬ、自慢の槍が届かない!悔しかろう!悔しかろう!ははははははっ!!」
ワイナン「…」


古城の主『ワイナン』は魔法を詠唱した。矢はあなたに命中した。あなたは苦痛にもだえた。
アネモネ「ぬわああああっ!?痛いであるっ!?」
エリザ「気のせいじゃなければ、同じ光景をさっき見ましたわ」
アネモネ「ふ… エリザ。それは気のせいであるぞ」
エリザ(エリザはジト目であなたを見つめた)
アネモネ「あ、えっと。やっぱ、先ほど同じことがあった気がするのである~」


アネモネ「ふふふっ!奴はもう風前の灯火!我が魔力に貫かれ!消えよ!」(連続でマジックミサイルを振り回す)


エリザは『波動を放つ弓』を誇らしげに構えた。エリザは古城の主『ワイナン』を射撃し 粉々の肉片へ変えた。
エリザ「で、我が~ なんでしたっけ?」
アネモネ「わ、我が下僕の力で倒れるがよい!である。うむ、よくぞやった」
エリザ「当然ですわ!ほーほっほっほっ!!」
ドラクル「仲良しでございますね」
 


戦力が増えたし。楽になるだろうと思ったが、駒が魔法攻撃してきたり手榴弾投げてきたりと、ワイナン以外でわりと苦戦したな。

 

以下、古城攻略時の各装備。

アネモネ


ドラクル


エリザ