クレイモア吸血鬼の旅行記11

 



アネモネ「ほう。我を楽しませてくれるのか?お嬢さん」


アネモネ「弱い。ワンパンでミンチになったのである。なにやら旅立ったようだが、なかなか美しい女であった。次に会った時に口説くとするか。しかし、ああいう娘を傍に置きたいであるな」

 


アネモネ「我が声を聞け!我が元に集え眷属よ!我の手となり足となり… いや、これはいい。とにかく我の下僕となれ!」
吸血コウモリ「キィ?」
アネモネ「吸血コウモリであるな!すごく吸血鬼っぽいのである。さっそく、我の洗礼を受け…」
吸血コウモリ「キィー」(噛みつこうとしていたアネモネを華麗に避けた)
アネモネ「なぜ避けるのである!ちょっとだけ、すこーしだけ痛いだけであるからー!」
吸血コウモリ「キィー!」(再びアネモネの吸血を回避する)
アネモネ「じっとするのであるーーーー!!」


アネモネ「はぁはぁ… なんてじゃじゃ馬である」
ドラクル「お嬢様。喉が渇いたでしょう。紅茶を用意しましたので、どうぞお飲みください」
アネモネ「おお、助かるのである(我が走り回っている間に紅茶を淹れていたのか)ふむ… エリザ。貴様の名はエリザだ。貴様のようなじゃじゃ馬にはぴったりであろう」
エリザ「キー!」(アネモネに噛みついた!)
アネモネ「ぬわーーーーっ!痛いである!嫌なのか!?」
エリザ「キィキキ♪」
ドラクル「名前は気に入っているようでございます」
アネモネ「そうなのか?じゃあ、なぜ噛みついたのである」
ドラクル「それは”レディ”だからでしょう」

 


アネモネ「哀れな生贄の元に… 主に援軍の巻物を購入での(以下省略)新たな身体を得よ。我が眷属よ!」
エリザ「その、である口調。かっこいいと思っていますの?」
アネモネ「おお、可愛い女の子! って、いきなりヒドい言われようである!?」


エリザ「カーペットすらないざらざらな地面。ドレスが汚れますわ。よくこんなところを自宅と言えますわね」
アネモネ「うむむっ。たしかにそうであるな… そのうちに引越しをするか。だがな、貴様。主に対して失礼であるぞ!」
エリザ「あるじ?あなたが?そこの威厳ある方ではなく?」(ドラクルを見る)
アネモネ「我も威厳が溢れているであろう!よく見よ!」
エリザ「大人ぶるのもほどほどしたら。おこさま」
アネモネ「ぬわー!やはりじゃじゃ馬である!」
ドラクル「賑やかになりますね」

 


エリザの装備はこんな感じ。短剣2刀流で弓で射撃。職業はなんとなくの趣味で魔法戦士に転職させました。
最初は杖を持たせて、魔法使いにしようと思っていたんだけど。キャラチップを打ったら、いつのまにか短剣を両手に持っていたんだ。

 


吸血コウモリは吸血の牙(地獄属性攻撃)と、地獄に素晴らしい耐性を持ちます。けれど、種族:コウモリらしく生命力10だ。